DIYで壁掛けウオールハンガーって作れるの?

スポンサードサーチ

結論 下地の位置さえわかればカンタンです!

現在ほとんどの家の壁が石膏ボードですよね
火事に強く、防災の面ではとても良いので普及したのですが
釘が打てないのが最大のデメリット!

上の動画でもご紹介してますが、
まずは下地の位置をコンコン叩いて確認
ここかな?と思ったらインパクトの先端に細いドリルをつけて
穴あけ➡︎下地チェッカーを差し込む➡︎最後までズボッと針が刺さらなければ
そこが食い込み可能な下地です!

あとは板をはっつけるだけ

板でも角材でもなんでも細長ければOK
ちょうどうちに残ってた角材にしました。 
角材つけたら、フックつけるだけ、メチャカンタンですよね!
内装というのは、住み続けて、使い続けてから
あっ!ここにフックあれば便利かもとアイデイア出てくるものですよね。
思い立ったら即行動、ぜひぜひやってみてください。
わからなければSNSとかで直接スワラジに質問ウェルカムです

注意すること

電動工具インパクトドライバーで怪我することはあまりないかもしれないですが
動画でもお伝えしたように、ビスに対してまっすぐ力がかからないと
つるっと滑ってしまい、ビスの頭をナメてしまい、抜けなくなることもあるので
力の入る角度に注意しましょう!
無理な姿勢で使わない、台などに乗って安定した姿勢で重心から
力が入るようにすれば大丈夫!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です