6/19トルコとコーカサスの音楽と踊り【ライブ】

相次ぐ緊急事態宣言ですが
スワラジの民族音楽アンサンブル
ライブのおしらせ😌

大変な時期ですが
感染拡大防止に十分気をつけながら
演奏活動は続けていきます🙇


海外に行けなくても🛩
民族楽器と踊りで旅ができる🕌アナトリア(トルコ🇹🇷)〜コーカサス(アゼルバイジャン🇦🇿など)の音楽と踊りリュート系弦楽器のルーツ🎶
ウードとケメンチェ(リラ)、古代の太鼓フレイムドラム、そしてダンスとの共演💃🏻Tokyo modal music lab主催イベント【参加費】2700円+ワンドリンクオーダー20席限定の予約制になります
こちらのフォームより
お申し込みください
https://forms.gle/2VocDWo1wD6go9UX7


【出演】
踊り         ヤスミン
ケメンチェ(リラ)  ウエダタカユキ
ウード        矢島夕佳里
フレイムドラム、歌  菅野真理子


【プロフィール】

ウエダタカユキ
Tokyo modal music lab主宰
アフガニスタン、パキスタンの民族楽器ラバーブとイスタンブールの古楽器ケメンチェ(リラ)による演奏と作曲、編曲や動画のための音楽制作などを担当。  
97年〜99年バークリー音楽院在学中
ジェイミーハダドを師事、
世界30カ国以上を旅して各地でであった楽器による音楽活動を続ける。

矢島夕佳里 
エジプト旅行中に出会い習い始めたエジプト民族舞踊からアラブの音楽と美しい楽器に興味を持ち、2009年よりウード演奏家の今井龍一氏に師事。
アラブ音楽ユニット「ムシカ・アラビーヤ」師匠今井龍一氏とのウードデュオ等、アラブ音楽を中心に中世音楽やフラメンコなど他ジャンルの音楽との共演も意欲的に行なっている。2020年にクレタンリラ・ケメンチェ奏者のウエダタカユキ氏とアルバム「やさしい中東音楽デュオ」をリリース。

菅野真理子 
マリンバ・打楽器奏者
仙台市出身。幼少期からピアノ、7歳からマリンバを始める。山形大学教育学部の打楽器科卒業、国立音楽大学大学院を打楽器専攻で修了。第56回TIAA全日本クラシック音楽コンサートで審査員賞を受賞。2018年には演出家小池博史による舞台『Strawberry Fields』、『Fools on the Hill』に奏者・演者として出演。また東日本大震災の復興支援活動も行っており、2019年の『復興応援・復興フォーラムin東京』への出演や被災地に赴きチャリティ活動を行なっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です