鬱な気分のときに聴く中東のヒーリング音楽とは?

こんにちはー

吉祥寺で民族音楽ワークショップを営むスワラジ工房
のウエダタカユキです

緊急事態宣言の再発をうけて
東京でも比較的郊外にある

このあたり吉祥寺周辺は都心と違って
住宅地なので
人の出は普段と変わらず

いやむしろ多いくらい?

とも思える状況ですがやはり

普段の活動が自粛されてリモートワークでひきこもりがち

旅行にも当分行けなさそうなので
なんとなく気分が落ち込みそう😢

そんなときに聴く音楽
人間の感情を超越した音楽が

古代からの歴史がふるーい
中東地域にはあります😌

中東音楽におけるリラックスモード音楽

について深堀しますね

マカーム?ラスト?なにそれ?
すみません少し聴き慣れない言葉で🙇‍♂️

マカーム=モード=旋法

のことです
別の言い方をすると

パターンのような、法則ともいえるでしょうか

古代から中東地域は文明が発達し

さまざまな
モードが発達して
さまざまなシーンで使われて
ミュージックセラピーの役割を果たしてきたといわれてます

今日はそんな中東音楽のモード
マカームラストについて深堀してみましょう!

喜びやリラックスをもたらす?マカームラスト

トルコ音楽のミュージッセラピーを

研究している機関Tumataには
マカームラストについてこのようにあります

辛口の調性。真夜中と夜明けに効果的です。寝過ぎを防ぎます。脳、骨、脂肪などの冷たい臓器に影響を与えます。低脈拍数を増加させます。子供の体を制御する湿度によって引き起こされる不均衡を修正します。精神疾患に適しています。黄色いこぶと関係があります。男性的なキャラクターを示しています。火曜日と朝に効果的です。それは水グループと山羊座の兆候に関連付けられています。癒しの価値が高い4つの主要な音色の1つです。喜び、内面の落ち着き、リラックスをもたらします。麻痺を癒します。頭、目、筋肉に影響を与えます。それは最も古い調性の1つです。ペルシア語では、「率直、生きている、本物」、「正しい」などの意味があります。けいれんを和らげる特性があるので、痙性および自閉症の患者の治療に有益です。また、火星にも関連付けられています。サイン:牡羊座。グループ:火

tumataより

ふむふむなるほどー
つまりまとめると

  • 水と山羊座
  • 火曜日の朝に効果的
  • リラックス効果
  • 内面の落ち着き

などなど書かれてますね

ほんとかよー🤔
という声も聞こえてきそうですが
いかがでしょうか?

はい、たしかに医療のエビデンスについては
かかれてないので万人に効くなどというのは避けたい
とおもいますが

まずはこちら
いまから100年くらい前に録音された
マカームラストの楽曲きいてみましょう

いかがでしょう?

イスタンブールの古楽器ケメンチェでの録音

ずいぶん昔の録音なので

現代の演奏家によるカバー

トルコとギリシャの
ケメンチェ(Politiki lyra)奏者の

Derya Tarkan  と Socratece Sinoloulos による
演奏もきいてみましょう


昔にくらべて

録音状態も違うので

かなりキラキラ、チャキチャキ聞こえるかもしれないですが

なんとなく、リラックスした雰囲気のなかに活力も
感じることができるかもしれないですね

譜面はどうなってるの?

トルコ音楽の古典(クラシック)の譜面は

こちらのサイトNeyzen
無料公開されてます

何年か前にイスタンブールで
ケメンチェをならったとき

譜面はどこで買えるの?

ときいたら教えていただきました。
いまときアナログの譜面を買うなんて

時代遅れなんですね
発想が完全に昔の人でした。。。

微分音のもたらすヒーリング効果?

ところで譜面の

Bラインに
♭の反対向きになったのありますよね

これはトルコマカームの法則によると

微分音(マイクロトーン)

9分の1だけ♭フラットしてね
との意味だそうです😌

9分の1って

めちゃくちゃ細かくない?

そんなの聞き取れるの?

そもそもギターとかピアノみたいな楽器だとできないのですが

ケメンチェやウード、ヴァイオリンなど
の楽器であれば可能ですよね

西洋音楽のような
複雑なハーモニーはないけど

こうした音楽に慣れ親しむことで

繊細で微細な音に対しての感覚が磨かれます

明るいか! 暗いか!

メジャー、マイナー

だけで区別される世界とは

また違った
繊細で新しい世界が広がっているのです

民族楽器のヒーリング効果のエビデンス

また

こうした昔ながらの素朴で優美な響きを
もつ楽器の周波数は

音量こそ、ヴァイオリンなどの西洋楽器にはかなわないのですが
音質においては豊かな周波数をもつという研究もあります😊

ただ

ガムランや和楽器を使用した周波数の実験はあるのですが

中東系の民族楽器を使用した実験の論文は
日本ではまだないので

もしも、どなたか
ケメンチェやリラ、ラバーブ などで

研究論文を制作されたい方がおられれば
喜んで全面的にご協力させていただければ幸いです🙇‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です