音楽のキーってなに?

どうもー

吉祥寺で音楽ワークショップを開催する
スワラジ工房のウエダタカユキです

今日は音楽用語のキーについてわかりやすく解説しますね
キーのコンセプトがわかれば
たくさんのメリットがあります

・カラオケで自分にあったキーでうたえる
・ヨガのマントラ唱えるとき便利
・即興演奏の仕組みが理解できる
・いろんな楽器とコラボするときスムーズ
・コードの仕組みがメチャ簡単にわかる

ということで音楽や楽器に関わらない方にとっても
キーのことを理解していると

かなり有益です!

なぜなら
カラオケで、自分の声にあった
音の高さでうたうこともカンタンに調整できるようになるので😌

キーとは基準になる音だよ

まずはこちらをお聞きください
どんなふうに聞こえますか?

ドレミファソラシドという風に聞こえたら
あなたは相対音感がある!

ということです

実際はこのような音になってます↓

あれ?

ドレミファソラシドに聞こえたけど
違うんですね。。。

はい、そうなんです
ピアノなど
西洋クラシック音楽を
しっかり学んだ方には

レ ミ ♯ファ  ソ ラ シ ♯ド  レ

と聞こえるとおもいます

それでも多くの人には

ドレミファソラシド
に聞こえたのではないでしょうか?

これを相対音感、つまり

基準の音(キー)からの間隔(インターバル)

で音階をとらえていることなんです

キーを変えるとカラオケで歌いやすくなる理由

カラオケとかで

原曲キー
標準キー

など見かけたことはないでしょうか?

キーを下げたり上たりすることで

→基準の音が下がる
→全体が下がる

ので歌いやすくなるんですね😊

声の高さとかって

ひとそれぞれですよね?

高い声の人もいれば
低い声の人もいますよね

これはその人それぞれの
得意な音域の違いなのですが

同じように

楽器も
とくいな音域が違うんですね

なので

キーのことを理解しておけば

いろんなボーカルや楽器の人とコラボするときに
ちょこっと気遣いができて

コミュニケーションがスムーズになります

あなたが即興演奏が苦手な理由

すみません🙇‍♂️
そもそも即興演奏など必要ないジャンルの方も
おられるとおもいますが

すばらしく演奏が上手なのに
即興が苦手という方も
おられると思います

なぜなのだろう?と考えてみたところ
キー(基準の音)からの距離で
音階を作ることをしてないのでは

と思い当たりました

キーのコンセプトを

基準の音からの距離で
音を操ることができるようになるので

これを理解すると

即興演奏がかなり楽になります😌

逆にいうと

基準の音をちゃーんと
体感でわかってないと

音階のシステムをつかって自由に

音を紡ぎ出すのは
難しくなることでしょう😭

インドの偉大な音楽的な発明とは?

ここでちょこっと
おもしろい🤣

しかも

わかりやすい
例をあげてみましょう

インドの音楽です

え?インド?

なんかぜーんぜんカンケーないんじゃない?

もしかしてそう思われるかもしれないですが

  • ゼロの概念
  • インドアラビア数字

私たちが今の暮らしの中でも
欠かすことができないくらい

基本的な数字のコンセプトの発祥地

でもあるインドに音楽のキーを

とーってもわかりやすく理解できる

めちゃくちゃ便利なシステムがあるんです!

ちょっとやってみますね↓

西洋式  ドレミファソラシド
インド式 サレガマパダニサ

度数   12345671

サレガマ?

聴き慣れないから変な感じ〜

と思われるかもしれないですが

どのキーに移行しても
キーの音を基準に

主に即興で展開されるインド音楽は

どこのキーからでも
サレガマパダニサ

どこのキーでも
ドレミファソラシド

つまり移動式のド 

移動ド のシステム  

なんです

これは西洋音楽でも
ソルフェージュの訓練などにも使われます

実際に私も

このコンセプトに基づいて

学生の頃
耳のトレーニングの訓練をうけました

ヨガのマントラやイスラム教のアザーンにも使われてるよ

もとになる音、基準になる音、キーのコンセプトは

  • ヨガのマントラ
  • コーラン朗唱やアザーン(礼拝の呼びかけ)

などあらゆるところで

使われています

ヨガをはじめるときと終わるときに必ず唱えるマントラ

もまたキーのコンセプトを理解していると

自分の得意な声の高さで
マントラを気持ちよーく唱えることができるようになります

イスラム教のコーランの朗唱やアザーンについては
他の宗教とは違い楽器とあわせることは
禁じられているのですが

これら美しい調べの中には

基準の音(キー)から導きだされる
旋法(マカーム)の世界が広がります

実際に東京にある美しいモスクでも
キーに基づいた旋法でやってみる
ワークショップなども実際に開催されてました😳

ということで

キーのコンセプトがわかれば

  • カラオケで得意な音程でうたう
  • ヨガのマントラ
  • 即興演奏
  • いろんな楽器とコラボする

などなどメチャ便利ですよね😌

コードの仕組みもキーがわかればカンタンだよ

ギターならってるのだけど
コードがわけわかんないから
挫折しちゃったよ😭

Fコードとか
ぜーんぶおさえると
指が痛くて無理😢

はい、わかります
そうですよね、

コードとかっていっぱいありすぎて意味不明ですよね

わたしもはじめは混乱しました

Fコードとかも
ほんとに指つりそうですよね

大丈夫です!

キーのコンセプト
基準の音のコンセプト

がわければ

コードの仕組みがカンタンに理解できます
ぜんぶおぼえなくてもいいんです
パターンがあるからです!

Fコードもカンタンにする
ポイントがあります!

でも

これはこれでしっかり

わかりやすく説明したいので

また次の記事で説明しますね😊

オフラインでのレッスンも開催してます
ので参考までにこちらになります↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です