紛争地域?アルメニア、コーカサスのすばらしい音楽

2020年の秋、アルメニアとアゼルバイジャンの領土問題からの紛争が再燃😭
コーカサス地方には政治とか紛争にはカンケーなしに
すばらしい音楽があり、実はとっても親やすいメロデイで
どんな楽器でも演奏できます

今日は譜面も無料公開してその魅力にせまりますね😌

アルメニア?コーカサスってどこなの?
旅のともzentenのサイトより引用

コーカサスといっても
ピンとこないですよね
左がトルコ、下がイラン、上がロシアに挟まれてる
中東とヨーロッパのちょうど中間くらいになります

ソビエト連邦があったころは、コーカサスの国はソ連の一部
つまり昔のロシアの一部だったんですね

ノアの方舟伝説があるのもこの地域なんですね
トルコ東部にあるアルメニアからも一望できるアララト山なんですね

参考までにアルメニアの音源⬇️になります

ベリーダンスの先生の踊りとともに
ヤスミンさんとともに私もよく演奏する曲
Vasbouraganという曲

かなりカチッとした録音ですね
いろんな楽器つかってるみたいですが
メロデイはアルメニアの伝統楽器ドゥドゥックかな?
アコーデイオンやマンドリンも聞こえてきますね


Vasbouraganという曲名ですが
トルコでもこの曲は親しまれていて
エルズルムの踊り🩰
とよばれてます

こちらは私がクレタンリラとフレイムドラム
ウードの矢島さんがウードで参加された録音

譜面も無料公開→コピーOK

とてもシンプルでいいメロデイーなので
ぜひぜひいろんな楽器でおためしください

ギターとかマンドリン、ウクレレなどでも
いい感じになるとおもいます

やはりこうした曲はコード感もあり
中東系の音楽より親しみやすいみたいで

わりと高評価いただける機会が多かったです😊

こちらはヤスミン先生の踊りと
ヴァイオリン脇田輝さん
フレイムドラム久田さん
私はクレタンラウトで演奏してます

ちょこっと公開リハーサルの映像です

メロデイには国境なんてないよね

使い古された?ようなあたりまえの言葉かもしれないですが

いい曲は、いいメロデイーは
国ではなく、地域全体で受け継がれているんですよね

日本は海に囲まれているので実感しにくいですが

国境線はその時の国の都合で引かれてしまうことも多いのです

大変な時期ですが、少しでもこうした音楽に親しんで
文化に親しむことで、世界を知り、いろんな地域の文化に親しむことで暮らしが豊かになればいいなとおもいます😌

音声ラジオ📻でも聞けます

StandFM音声アプリで気軽に聴けるようになりましたー
電車の中でもキッチン洗い物しながらでも
気軽に民族楽器の世界を楽しんでいただければとおもいます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です