民族楽器ラバーブのチューニングVol2 ラーガヤマンRaagYaman by Homayoun Sakhi version

AD3世紀の彫刻にもあるラバーブとは?

1500年以上も前のガンダーラ仏像にもあるラバーブはアフガニスタンのホラーサーン地方の楽器として7世紀ペルシャの書物にも記されています。
三味線の遠い親戚でもあるラバーブは
現在、アフガニスタンの国民的楽器となり、隣国のパキスタン、タジキスタンなどの中央アジア地域でもひろーく親しまれています。

Homayoun Sakhi ホマユンサキのラーガヤマン

まさにラバーブの王様、アフガニスタン🇦🇫出身のサキさんの演奏
こちらの動画を研究して、チューニング方法を考察しました。
民謡の世界とはまたぜーんぜん違った複雑で洗練された技巧を凝らした圧巻の演奏ですね!

共鳴弦のチューニングは E♭  lydian mode

 E♭→ F →G →A →B♭→C →D→E ♭
 1→2→3→♯4→5→6→7→1

ドローン弦のチューニングは E♭ B♭
   主弦のチューニングは D G C

ラーガについては、まだまだ解説するには勉強が足りないので
今回はチューニングにフォーカスしてみましたが
このチューニングだけでもかなり不思議な雰囲気が醸し出せるはずです。
ガッツリ古典をやらなくても
どの楽器でも転用できるような、即興音楽のための法則のような
宝の山が、ラーガやマカームなど東洋の音楽にはあるので
ぜひぜひいろいろチャレンジしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です