春節とは?暮らしに役立つ24節気の話

あけましておめでとうございます😊スワラジ工房です
今日は2020年1月25日なのに、なんで?
今日は春節、東アジア一体のお正月、旧暦のお正月
一年の始まりの日です。 

  • ベトナム
  • 中国
  • 韓国
  • 台湾
  • 昔の日本

これらの国や地域では古来この日をとても大切にしてきたのです

旧暦ってなに?

お月様🌕の動きをベースにお日様🌞の動きも取り入れた
旧暦は太陽太陰暦といわれ、日本をふくめた東アジア一帯で
使われてきました。
これに対して、今の暦は太陽暦といわれ太陽🌞をもとに作られ
イスラーム諸国の暦は太陰暦、月🌕をもとに作られたのです。
東アジアの気候風土に合わせて作られた、旧暦って
両方のいいとこ取りなんですね。

明治から日本だけ西暦でお正月になった理由

明治維新の後の脱亜入欧コンセプトのもと
まわりの国々とは反して、日本だけ西暦に無理やりシフトしました
それ以後、今でも日本だけ西暦のお正月なんですね。
今でも1万円札は明治時代からのコンセプトを受け継いで
諭吉さんなので、ほとんど春節などは完全無視に近いです。
税金がお米の出来高(石高)で計算されていた
江戸時代以前には環境に即した暦があっていたのでしょうが、
環境なんて関係なく、工業を起こして軍隊を強くするために欧米化を急ぐ上でも西洋の暦にする必要があったのかと
推測されます。


高度成長期もない、バブルもない時代に生まれて
生きていけるだけの手に職つけたら
自然にゆったり暮らしていきたい人のための暦があります

二十四節気を取り入れよう

2016年に中国の無形文化遺産として
ユネスコに登録された二十四節気

スワラジブログ のTwitter上でいつも
毎日の積み上げを投稿しているときにも載せてます

季節の中でどこにいるのか、見失いがちな現代日本の暮らしですが、これを意識することで、
季節の移ろいの変化、体調の管理、服装の調節などの参考になるのでおすすめです。

発酵ムーブメントの火付け役
昔からの酒造りで有名な寺田本家さんも
二十四節気を取り入れたカレンダーを作られてますね。

スワラジのTwitterフォローいただければ、
無料で二十四節気は定期的にお知らせできます。

バシヌトリ節(鷲ぬ鳥)

 綾羽(あやぱに)ば 生らしょうり    綾なす羽の鷲の子を産みまして
 ぶぃる羽(ぱに)ば 産だしょうり美しく 艶やかな羽の鷲の子を産みまして
 バスィヌトゥルィヤウ ニガユナバスィ  鷲の鳥よ 願った鷲

 正月(しょんがつぃ)ぬ すぃとぅむでぃ 正月の 早朝に
 元日(ぐゎんにつぃ)ぬ 朝ぱな     元日の 朝まだきに
 バスィヌトゥルィヤウ ニガユナバスィ  鷲の鳥よ 願った鷲

 東(あがる)かい 飛(とぅ)ぶぃつぃけ  東のほうへ 飛んで行き
 太陽(てぃだ)ばかめ 舞いつぃけ     太陽を戴いて 舞って行き
 バスィヌトゥルィヤウ ニガユナバスィ   鷲の鳥よ 願った鷲

八重山諸島の石垣島に古くから伝わる唄
バシヌトリ節は旧暦の元旦に鷲が海の向こうの
太陽に向かって飛んでいく風景を唄ったものです。
かつて八重山に数ヶ月滞在していた時に島のおじさんから教わりました。

動画の後半で演奏してますのでよかったらお聞きください⬇️


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です