日本の捕鯨再開➡︎賛成?反対?

海外で暮らしたり、長く旅すると欧米人と親しく話すことが多くなると
ときどき議論の的になるのが捕鯨の話し
普段スーパーとかでもほとんど見かけないので、馴染みないですが
実際に日本のイメージに大きく影響してるからこんなこと聞いてくるのかなと思います。
センシティブな内容だけど、先日日本が30年以上ぶりに商業捕鯨を再開して
2019 8/1に仙台でニタリクジラの肉の初セリが行われたニュースを受けて
今までの経緯をまとめてみました

今までの経緯

1980年代商業捕鯨の禁止➡︎科学的調査のための捕鯨のみOK
調査捕鯨中に南極海など遠洋でシーシェパードの妨害を受ける

日本の捕鯨量 
1960年代20000トン    ➡︎ 現在5000トン

脱退した後の官房長官の談話

2018年日本はIWCから脱退 ➡︎2019年7月商業捕鯨再開
日本の領海内で行う、捕獲量も限定する

シーシェパードなどの妨害行為は遠洋でのことだったので
今後領海内での捕鯨となると妨害の可能性は低いと思われます
捕獲量をIWCの決めた量に基づいて守ってるんだったら
大丈夫なんじゃないかなと思いますが、今後の情勢が木になるところ!

IWC加盟国は捕鯨反対ばっかりなの?



捕鯨支持の国 40カ国
捕鯨反対の国 48カ国


アジアの賛成国  ➡︎捕鯨支持7、中間派2、反捕鯨2
        (カンボジア、モンゴル、ロシア、韓国などが捕鯨支持)
アフリカの賛成国 ➡︎捕鯨支持16、反捕鯨2
オセアニア    ➡︎捕鯨支持5、反捕鯨3
ヨーロッパ    ➡︎捕鯨支持2、中間派1、反捕鯨28(アイスランド、ノルウェイが賛成国)
カリブ海諸国 ➡︎捕鯨支持5、不明1
アメリカ合衆国  ➡︎反対
南アメリカ    ➡︎捕鯨支持1、反捕鯨14

捕鯨支持の国こんなにあるんだ。。。
アジア、アフリカ諸国はほぼ賛成
IWCはアメリカイギリスが中心になって作ったもの
政治的、経済的にメデイアを通じて影響力がある国は欧米圏

日本の主張は?

クジラの種類を選んで資源量に悪影響を与えない範囲で捕鯨してる
伝統食文化としての利用
欧米の価値観への反発➡︎クジラだけ特別視するのはおかしい

欧米の主張は?

日本が主張するほど資源量は戻っていない
仮に資源量が戻っても、またすぐに減少する可能性が高いから
知能が高い動物を屠殺することへの残酷性

そのほかにも主張の理由を探せばキリがなさそう。。。
日本は技術的に経済的に欧米圏に近いのかもしれないですが、
文化や思想の根底がまるで違うので、すれ違いの溝が埋まることは難しそう。

人が攻撃的になる時とは?

体調が悪かったり、うまくいってたことがうまくいかなかったりすると
どうしても感情的になって他人のせいにしてしまう傾向、誰でもありますよね。

賛成🙋‍♂️反対🙋‍♀️どちらの言い分もその人の立場によって大きく左右されるでしょうから、それなりに尊重して共存して行くしかないですね
海はひとつで地球もひとつなのだから🌍

1 COMMENT

スワラジ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です