持続化給付金に白色申告のフリーランスが申請してみた

2004年から天然素材の衣服デザインと民族楽器での音楽活動を続けるスワラジ工房です。
コロナショックで売り上げが去年の半分以下に落ち込んだ月がある事業者(フリーランス、個人事業主もふくむ)にむけて
100万円の給付が受けられるので
実際に申請してみて審査通過までの流れを

わかりやすく解説しますね。

どんな人が申請できるの?
  • 2019年以前から事業をしていて確定申告してる
  • 2020年前年同月比で収入が50%以上減少した月があること

この条件を満たしていたらお店とか事務所とかがないフリーランス個人事業主も申請できます。
ただひとつ注意点があるんです

2019年度の売り上げが100万円以下だと100万円の給付は受けられないのですが、金額の査定はお役所がやることなので

去年より収入が半減した月があるフリーランスはすぐに申請しましょう

【重要】添付書類に不備がないように

申請してから2週間ほどで給付すると公式発表があったにもかかわらず、振り込みない、なんのお知らせもない😭というケースが多くみられます。 理由のひとつに書類不備で申請される方が多く、審査や事務作業に時間がかかっているからです。

なので、書類不備がないように
一回で審査通過できたサンプル資料もおみせして解説しますね😌

スマホ写真でOKなもの
  • 免許証の表、裏面
  • 銀行口座の表と見開き1、2ページ

これらはスマホ写真で申請OKでした、
でも鮮明な写真(陰になってない、文字がみやすい)画像にしてくださいね。

こんな感じで明るいところで陰にならないように
パシャっと撮ったものでOKでしたが、
ファイル形式があわないと添付できないので注意しましょう!

免許証もこんなかんじでスナップショットでOK
裏面も添付するのを忘れないようにしましょう!

スマホのスキャナーアプリで申請した書類
  • 2019年の確定申告書第一表
  • 確定申告に収受印がない場合の追加書類

この2つはスマホスキャナーアプリで撮った写真を
添付しました

無料版でぜーんぜん大丈夫です😌

CamScanner スキャンアプリ

2019年の確定申告書第一表
確定申告に収受印がない場合の追加書類

2020年の対象月の売上台帳等

売り上げが半減した月の帳簿ですね
この書き方がテキトーすぎると
不備メールがきてやり直しになることが多いので注意点を
まとめますね

  • 取引の年月日
  • 取引先の名前
  • 金額
  • 日々の合計

例え、売り上げがほんとに0円だったとしても
項目を設けたフォーマットをつくりましょう、
手書きでもOKということですが
私はエクセルで作ってますので参考までに
お見せしますね

おつかれさまです😌
実際にこのような書類で審査通過できましたので
どうぞ参考にしていただき、少しでもお役にたてればうれしいです。

この難局をみなさんとともに、乗りきることができるのを
心からお祈りしてます
Youtube動画とあわせてぜひぜひ参考にしてみてください、
ご質問などあればYoutubeのコメント欄で受けつけます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です