大人になってから始める楽器の最速で上手くなる練習方法とは?

こんにちはー
吉祥寺の民族楽器ワークショップを主宰
アフガニスタンパキスタン、トルコの楽器で
音楽制作、演奏活動をつづけるスワラジ工房の
ウエダタカユキです

今日はミニマムな努力で
最速で上手くなる方法を
わかりやすく解説しますね

1万時間の法則ってほんとなの?

Ten thousand hours is the magic number of greatness.
(訳:1万時間とは、偉大さを示すマジックナンバーなのだ。)

(引用元:Malcolm Gladwell (2008), Outliers: The Story of Success, New York, Little, Brown & Co.)

大きな成功をおさめるには1万時間もの練習が必要であるという
ベストセラーになった本で書かれていますが
ざっと計算するとこんな感じ⬇️

1日3時間+10年間=1万時間

10年で1人前ってよく聞く言葉だけど
それだけ続ければ、上手くなるのも当然?ですよね

大人になってはじめた楽器だと
そんなに時間がかけられない😭

スーパープロレベルに達しなくても
みんなでセッションできる程度のレベルになるには
そんなに時間はかかりません😌

効率的に続けていければ大丈夫です
具体的な方法としてはこんな感じ

  • 練習時間を固定して習慣化
  • 苦手なポイントにフォーカス
  • 楽器を手にしてないときこと、脳内で音を鳴らす
  • 本番を設ける→動画にとってみる

寝る前の30分でもいいので
スマホから離れて
取り組んでいる曲の
とくに苦手なフレーズにしぼってみる

楽器に触れて音世界に集中することで
リラックス効果も高まるので
睡眠の質も向上して効果的です😌

休みの日だけ
何時間も練習するより
毎日15分でも30分でも積み重ねた方が
効果が高いのは心理学者の論文にもあります

ラルフ・クランプ教授(ルーヴァン・カトリック大学)は「練習時間だけが全てを決めるとは思っていない」と返しています。特定の技能に熟練するには、練習の質や教師・親のサポートも重要だけれど、継続的な練習こそが最も重要である、という意見です。

苦手なフレーズにフォーカス

どこが自分が苦手なのか
どのポイントができてないのか
改善点をつきとめるのも
めちゃ重要です

できないところがわかれば
そのポイントにしぼって
体と心をリラックスさせた状態で
取り組めばいいんですね😊

疲れるほど練習する必要はありません
どうやってリラックスして
続けられるかが大切

始めたばかりの楽器でも
アウトプットした方がいい理由

リラをはじめたばかりの頃のセッション
弓の扱いがフワフワ過ぎ😭
ぜーんぜん音圧がでてないけど
上手い人とやるだけで学びになります😌

トルコのイスタンブールと
ギリシャのクレタ島を訪れたときに
出会った楽器 

ケメンチェ(リラ)の演奏をはじめて
4年ほど経ちました

はじめは力の抜き方がわからないので
どこへいくにも
持っていき
スキマ時間をみつけては


練習→下手でもちいさいライブでアウトプット
改善→また練習

というサイクルを続けることで
おかげさまで
ケメンチェで楽曲をつくることもできるように
なりました。

もちろん大人なので
職業にかける時間プラス練習でしたが

  • なるべく自分にはカンケーない音楽は聞かない
  • 取り組んでる曲をいつもイメージする

そんなことを意識するプラス
下手でも失敗しても本番を設けることで
わりと効率的に練習できたとおもいます😊

人生100年時代の最高のともだちは楽器

時間かかって大変だーと思うかもしれないですが
平均寿命がどんどん伸びている現代

かけた時間だけの成果を
楽器は決して裏切りません

楽器練習はすこーし運動にも似てるかも?

体でおぼえたことは
知識だけでおぼえたことよりも
定着しやすいのは

脳みそのいろんなパーツを
使うので効率的だということは
科学的にも実証されています

しかもやればやるほど技術が向上
してどーんどん楽になるので
長いスパンでみて続けていきましょう🐱

とはいえ古典はめちゃ奥が深いよ

そうはいっても
クラシックケメンチェは
オスマン古典音楽の楽器

古典というだけあって
ものすごーく繊細で
奥深い世界

ほーんとに微細な音程をコントロールするオスマン古典
死ぬまで勉強ですね。。。。。


なにせ半音の半音→1/4音のさらに半分の
音程まで
このフレットレスの楽器で

正確に表現するのだから
3年でようやくスタートラインにたったかなという感じかも

ヨーロッパ文明が発達する
ずーっと以前から中東には
都市文明が形成されていたのは
ご存知でしょうが

そのぶん、古典音楽の深遠さは
西洋音楽と比べてもまた
非常に奥深いものだということを
実感します

さあコツコツ一緒に歩みつづけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です