外国人と〇〇の話は地雷です

こんにちは
スワラジ音楽ラボを主宰する
ウエダタカユキです

今日は
世界30カ国以上旅して
長く海外に住んでいた経験から

この話は外国人とは
地雷になるかも😭という話をしますね
この動画をみることで人口減少社会の日本で
今後国際化がすすむにつれて
知っとくと有益なこと
わかりやすく経験に基づいて深堀りしますね😌

宗教のはなしはタブーじゃない?

意外に思われるかもしれないですが

宗教の話
これは実はさほどタブーではない状況が多いです

えそうなの? 
と思われるかもしれないですので実例をだしてみますね😊

とくに私が頻繁に訪れる
イスラム圏では

宗教がない、特に属する宗教がないというのが
ヤバいことのように思われることがあります

実際、少し前のパキスタンのビザなどには
宗教欄を書くところがありました

ここでNone(無宗教)と書いてもいいのですが

おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなられた時
手を合わせてお寺にいったり
初詣とかしたことある人も大半ですよね

その場合は一般的に日本人は広義において
Buddistと書いておくのが無難です

もちろんShinto
と書いてもいいのですがBuddist
のほうがより認知度が高いのでBuddistと
明記するのをオススメします😌

無宗教はなぜイメージが悪いのか?

None(無宗教)はなぜイメージ悪いのか
お話しますね

日本では宗教があるというと人にもよると思いますが
特定の宗教をもっているというと
なにか特別な宗教団体に所属してるみたいなイメージ
あるかもしれないですよね?

もしかしたら、
あの人は宗教入っちゃったんだってー
あの人は宗教やってるんだってー
などと捉えられるケースもあるかもしれないですよね。

それでも
多くのイスラム圏などでは

宗教がない=無宗教

→かみさま(人智が及ばない崇高な存在)
を否定している?ともとらわれることも多いのです
なのでわざわざ公式書類のビザにも宗教欄があるのですね😌

もちろん
いやかみさまなんていないに決まってる
私は絶対に信じない!
すべては偶発的な事象の賜物なのだ
とされる方は当然ながら
無宗教でまったく問題ないと思いますが

さしつかえなければ
宗教を記載するところにはとりあえずBuddist
でいいんじゃないですかね
というのが私経験からの提案になります😌

地雷になりうる危険な話題は?

それでは
地雷になりうる話いってみましょう

それは領土問題です

日本にも島の領有権をめぐっていろいろありますが
大陸から離れてるために
陸続きの国境というものは
ちょっと想像しにくいかもしれないですよね

でも例えば30年前の世界を想像してみてください
ソ連の崩壊のあと
たくさんの国がうまれました

国境って決まっているようで
常に変化しているのです。
特に私の経験では年齢が高くなるほど
領土問題に対しては敏感に反応される傾向があるので
これにはちょっと注意が必要です。

ギリシャとトルコのビミョーな関係

たとえば私の音楽の専門領域

ギリシャとトルコ

この2つの国は
長い間同じ国だった期間があるので
音楽においても共通するところがおおいです

とくに民謡などに関しては
おんなじメロデイ、おんなじ曲が
どちらの国でも別々の言葉で親しまれています

トルコ民謡ではわりと有名な
ウスクダラなども実はギリシャ語バージョンもあるんです😳

この曲はトルコのだ、とかギリシャのだ
とか表記することによって
たまに私のところにもクレームが来たりします
なのでこのあたりの線引はビミョーなので注意しましょう。

同じ楽曲でも
トルコでは格式高い古典の曲が
ギリシャではレンべーチカという
大衆の歌になっていることもあるので
お国柄の違いもまた興味深いですね😊

パキスタンとインドの国境パフォーマンスがヤバい理由

ギリシャとトルコよりも
さらに言語的にも近い関係にある
パキスタンとインド
この2つの国にもなかなか難しい問題はありますが
にもかかわらず

両国の国境がある
ワガボーダーには
フラッグセレモニーという
国境の門を閉じるときのパフォーマンスが
披露されています

屈強な兵士が
大げさなパフォーマンスで
お互い威嚇しあって
毎夕国境の門をガチャーンと閉じるセレモニーをみに
たくさんの観光客が訪れるのです😌

なんだか昔のプロレスみたい?ですよね
緊迫した国境ですが
娯楽みたいに楽しんじゃう国民性もまたステキです😊

国境線がもたらす悲劇


紛争の多い地域というと
中東地域を想像されることもあるとおもいますが

実は中東において領土の問題で争うようになったのは

この100年以内のこと

以前は何百年もの間
オスマン帝国がこの一体を長く統治していて
いまの国境のように細かくカットされていませんでした

国がこんなに細かく分類されるようになったのも
実は最近のことなんですね

1914年の中東マップ

このマップからもわかるように
シリアのアレッポの演奏家が
オスマン古典を演奏される理由もわかります

両国はつい100年前までオスマン帝国という
おなじ国だったのですね😌

エジプトなどのアラブ諸国で
あまりオスマン古典を演奏されるのを
聞いたことがないのですが
この頃すでに、エジプトはオスマン帝国から
分離していたのにも関係があるのではないかと考えられます

オスマン古典音楽をシリア楽団の演奏

中東に紛争が多いのは

彼らがアグレッシヴだからとか
宗教がからんでいるからでは

決してありません。

国際政治学者の高橋和夫さんも
いっておられたのですが
紛争の原因はあきらかに領土問題なのです。

不条理に分断された国境線は
あきらかに現在の中東紛争のおおきな原因のひとつに
なっているのです😭

みんなグーグル帝国の一員になった

もちろん自分たちの国に誇りをもつことは
よいこともありますが

どうでしょう

今では
コロナ時代にも関わらず
世界中の人の動画をYoutubeでみれますよね
世界中のものもグーグル検索で買えたりしますよね

そうです、もう私達は
グーグル帝国の一員みたいなものなのです😌

なので必要以上に国境や国のアイデンティティに
囚われる必要なないのです。

日本は人口減少していきますが
世界はまだまだ人口増加傾向

とりわけイスラム圏は
今世紀中に世界最大になるとデータでもあきらかにされています

そしてほとんどのイスラム圏の人々は
日本に対して、とてもとてもいいイメージをもっています

私はフツーの日本人だし、
とくに特技もないし
と思われている方でも

日本人であるというだけで
世界ではブランド力になることがあります。

ちなみに私のYoutubeチャンネル登録者は
サブチャンネルも含めて2万5千人ほどですが
そのうちの2万人は海外の登録者の方です😌

地雷踏んでも大丈夫だよ

今回のメイントピックは

海外の人と話すときの地雷についてですが、
別に地雷踏んでも大丈夫です😊

わざと怒らせてやろうなんてもちろんだれも
故意にはやらないですよね。

私達は日本人なので遠くの人なので、
そのへんは多めにみてくれます。

なのでぜひ
国にとらわれずに
自分のやっているなにかを
インスタでもYoutubeでも

英語表記してみる英語でタグ付けしてみましょう


これだけなら別に英語そんなにわかんなくても
カンタンですよね😊

自分の価値はアウトプットで
人と関わることによって
再発見できるすばらしいチャンスが生まれます😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です