夏休みもストレス?人生の天気予報ライフイベントストレスを解説

楽しい楽しい夏休み、
でも楽しくするには、それなりの努力が必要!
ライフイベントストレスにもあるように、長期休暇もストレス原因になり得るという研究も発表されてます

ながーい夏休み、お子さんのおられる家庭では特に早いうちからの計画と対策が大切。  ライフイベントストレスが重なる➡︎楽しいはずの夏休みがクライシス【危機】につながることも!  気候のストレスなどパートナーとの口論などがこれに加わったら、さらに強まる嵐の予感。。。。。

季節性うつにも注意

日照時間の短くなる冬に季節性うつになりやすいことは有名ですが
季節性うつには夏型もあります。 主な症状としては興奮、過敏、食欲低下、不眠の症状、知らないうちにストレスが重なりこれらの症状が出てきたら要注意!

アルフレッドアドラー 1870〜1937
アドラー心理学から学ぶこと

雨が降っていると仮定しよう。何ができるだろう。
傘を持っていったり、タクシーに乗れる、
でも雨と闘ったり、負かそうとしても無駄だ。
今は、あなたは雨と闘って時間を費やしている。


アドラー「人生の意味の心理学」より

台風や雨や夏の暑さはどうやっても止めるのはできない
同じように他の人(家族でも同じ)をコントロールすることも難しい、それでも自分自身は変えられる!ライフイベントストレスという荒天に備えて☔️傘を用意したりすることで、嵐をやり過ごすことだってできる。 こんな風に日々の暮らしの中で気をつけていることで不可避なストレスだって軽減できます!

お昼寝の効果
納涼図屏風 久隅守景筆 17世紀


温暖化の影響もあり長く暑〜い夏、イライラしてもどうしようもないので、この絵のようにゆったりする時間が大切ですね。 30分以内のお昼寝は仕事の効率も上がり血圧の安定につながることも科学的に実証されてますので、昼寝を日々のルーテインに取り入れるのもオススメ!
【30分以上の睡眠➡︎逆効果(夜の寝つきにも影響し、怠くなる】

ストレス=必ずしもネガテイブではない

ストレスというとネガテイブなイメージだけで捉えがちですが、実はそうでもないんです。 

苦心の中に常に心を悦しむるの趣を得、
得意の時、すなわち失意の悲しみを生ず

              菜根譚 明代末期の中国の古典より

ストレスが重なりきつ〜い時こそ、経験を積んでステップアップできる時! 逆にぜーんぶがうまくいってる時にこそ、次に起こるべきライフイベントが待ち受けている

ボブマーリーもキングストンのゲットーでのドン底の生活から数々の名曲を生み出した。
ステイーブジョブス や与沢翼さんみたいな起業家として大成功している人たちもなんども倒産や破産を経験している人が多いのも事実ですよね。

雨の日☔️も、晴れの日☀️もあってこそ美味しい野菜🌽も育つので、日々ほどほど歩んでいければいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です