地球温暖化、グレタさんの訴えはどういうことなの? 

国連の温暖化対策サミットスウェーデンの16歳の活動家グレタさんは止まらない温暖化による生態系の崩壊により人類は破滅の入り口に立っていると警鐘を鳴らしました

明らかに気温は上昇している
日本の平均気温のグラフ、気象庁より引用

100年以上にわたるデータに基づいてみてみると、90年代以降の気温の上昇が明らかです。
熱帯夜や猛暑日は増えて、冬日が少なり大雨の確率も上がっています。
データをみると日本の平均気温は100年あたり1.15℃上昇したことになります

ますます加速する温暖化
全国地球温暖化防止活動推進センターより引用

温暖化対策サミットでWMO=世界気象機関によると今世紀末には3、4度も上昇すると発表されました、
このペースは今までの100年を数倍上回るスピードですよね。
多くの研究家が指摘しているように、気温の上昇とともに海面の上昇して大きな台風の頻度も確実に増えるといわれてます。

ついに過去最強の台風が関東へ

2019年9/9スワラジはパキスタン行きのフライトのため成田空港へ向かいましたが鉄道、高速道路全て通行止めの中どうにか空港までたどり着いたものの、フライトには間に合わず、そのまま成田空港で深夜まで動けなかった。
ゲリラ豪雨や台風は年を追うごとに大型化していますが、この時ばかりはそれを強烈に体験しました。

パキスタンのフンザでも氷河が融け始めている

パキスタンに布の仕事で訪れて現地の方を話した時も、このところの環境の変化、特に氷河がだんだんと融け出して生活に影響をきたすほどに近づいてきていると聞きました
若者は特に敏感で、隣国と争うより先に環境問題こそ全力で取り組んでいくべきだという意見がとても印象的でした。

地球は人間の欲望のためではない

Earth provides enough to satisfy every man’s needs, but not every man’s greed.’ マハトマガンジーの言葉より

インド独立の指導者ガンジーさんは簡素な手紡ぎ手織りの布をまとい、大量に生産されて消費される社会に対して手仕事を大切にする運動もされていました。

スワラジ工房のショールを織る工房 パキスタンスワート渓谷

スワラジ工房は大量に作られて安い衣服と反対に、できるだけ環境と作っている人に負荷をかけない天然素材でのものづくりをコンセプトに2004年から活動→10/25~27ギャラリーchaabeeで手仕事の仲間が集まるイベントやります!
お話会、ライブ以外の時間も昼から空いてますのでぜひぜひ遊びにきてくださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です