一時支援金フリーランス30万円アート系OK?【2/12最新情報】

一時支援金はアート系OKになりそう
ということで、

いよいよ具体的公式ページでも

どんな業種がOKなのか発表されました

・売り上げ50%以上減少
・外出自粛の影響をうけた
・業種は問わない

という基本の条件とともに
さっそく公式ページを

わかりやすくみていきましょう

音楽、ダンス教室も対象になるよ

最新の公式ページに
ちゃーんと書いてありますね😌

観光遊興関連施設事業者(文化施設)

つまり音楽教室など、ダンス教室などもあてはまりそうです。

アートクラフト系も対象になりそうだよ

クラフト系とかで展示会できなかった

延期になった😭

告知しにくくて、売り上げ落ちた😢
という方も

小売店 (雑貨店 、 アパレルショップ等

という項目があるのであてはまりそうです。


演奏家、ダンサー(パフォーマー)もあてはまる

イベント出演者等とあります

この時期展示会とかライブとかできない方

多かったんじゃないでしょうか? こちらも
公式ページに書いてあります😌

どんな書類があればいいの?

それでは、どんな書類があれば
OKなの?

みてみましょう

  • 顧客台帳
  • 請求書、納品書、領収書
  • 通帳、取引を示す書類
  • おみせの写真
  • 商品の一覧表
  • 賃貸契約書

まじか、、、
こんなに書類おおいの
大丈夫かな

こちらは保存すべき
ということなので

これ出してと言われたら

提出する書類なので
必ずしもぜーんぶ必要というわけではなさそうです

対象外になるケースは?

  • 協力金受給の飲食店
  • 宣言地域外で地域内のお客がおおい
  • 性風俗関連
  • 政治
  • 宗教法人

いろいろあるけど
つまり

石川県とか対象地域じゃないとこで

音楽教室やってて生徒さんも周辺の人ばっかり

みたいなケースは難しいということですね。

いくらもらえるの?算出方法は?

2019年か2020年
1月、2月、3月の売り上げをみて
2021年の
1月、2月、3月(ひとつ選択)
の売り上げが半減してればOK


なので
2019年と2020年の売り上げどちらかと
選べるということですね😌

有利な方を選べるのは持続化給付金と似てますね

満額もらえるかどうか?

計算方法も公表されました

つまり

2019年1〜3月or2020年1〜3月の合計売上
−2021年の1〜3月どれかの売上半減月x3
=もらえる金額

なのでたとえば

・2019年(一昨年)1〜3月のトータル売上80万円
・2020年(去年) 1〜3月のトータル売上100万円
・2021年の2月売り上げ10万円 ✖︎3

→80万円 −  30万円 = 50万円

フリーランスの上限は30万円なので
このケースだと満額もらえます

ここが持続化給付金と違うポイント!

どんな流れで申請できるの?



まずは

一時支援金事務局
のウェブサイトが立ち上がったら

アカウントを発行

ここまでは持続化給付金とほぼ同じですが
ここからが違います

事業確認期間でチェックされるよ

持続化のとき、
大学生や会社員が申請して
後からバレて返金騒ぎみたいなこと

ありましたよね、これを防止するためにも
今回は

ほんとに事業やってきた人なの?

かどうか、専門機関でチェックを受けるシステムになります

税理士、会計士
近くの商工会とかで個別にチェックしてもらって

確認番号もらって→申請
という流れになります。

これが重要→事業確認機関に出す書類は?
  • 確定申告書2年分(2019年と2020年)
  • 今年の1月2月3月どれかの売上台帳
  • 宣誓、同意書
  • 本人確認書類
  • 通帳

これらを

商工会議所とかにみせて

OKだったら

事業確認番号がもらえる
この番号をもらえたら

申請する

という流れですね😌

いつからスタート?
  • 2月下旬  事前確認スタート
  • 3月はじめ 申請スタート
  • 3月中旬  特例申請

今、私たちがやるべきことはハッキリしてます

さっさと確定申告書をつくって出しちゃいましょう

確定申告に

持続化給付金の金額もいれるのを忘れないようにしましょう!

これは
公式ページのQandAにも書いてあります

忘れないようにしましょう!

売上台帳ももちろん用意しておきましょう!

というわけで大変な時期なので
また新しい情報出てきたらすぐに
シェアさせていただきますね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です