リズム感って鍛えられるの?

こんにちはー
吉祥寺で音楽ワークショップを営みつつ
民族楽器ラバーブ で動画音楽などを制作してる
スワラジ工房です😌

今日はリズムのおはなしということで
わかりやすく結論からいいますね

音楽に重要な
たった2つの要素

・音程
・リズム

ということで
先日は音程の鍵

中心になる音程
キーのおはなしをしましたので

今日はリズムのおはなし
音楽にとって重要な時間のコンセプトなので
おさえておきましょう!

こんなメリットがあります

リズムの基本を理解することで
リズム感が格段によくなります😊

リズムがうまくとれない理由

4拍子の曲のアタマから入るのは
できるけど

一拍目が休符だったり

3拍子系だと苦手という方
実は意外に日本人には多いのです

理由はさまざまですが

リズム感が
いいとか悪いとかは

何を基準にするかの問題もなので別として

私たちが親しんでいる
ロックやポップスなどポピュラー音楽は

ハーモニーを重視した西洋音楽のみならず

世界中の音楽の影響
グローバルにうけながら
ハイブリッドに発展してきました

ロックやポピュラー音楽は
アメリカの黒人音楽ブルースやジャズの影響を

強く受けているのは
みなさんよくご存知ですよね?

その中でもとりわけ

アフリカ系が
今のポピュラー音楽に与えた影響は

とくにリズムの上でとーっても重要なんです

アフリカ?というと

日本からは遠く離れていますよね
ましてやユーラシア大陸の東のはじっこの

島国でながい間暮らしてきた
私たちにとって

アフリカルーツのリズムへの影響が
みられる楽曲にたいして

日本人のわたしたちが

馴染みにくいのは
当然かもしれませんよね😌

アフリカの言葉にリズムの秘密が?

一拍目より先に
つんのめってはじまるのを

シンコペーション


というのですがこれはまた
後日おはなしするとして

今日は
一拍目を休符ととらえて
はじまる音楽について深堀しますね

まずは突然ですが

こちらアフリカの地名からみてみましょう!

  • ンジャメナ / チャド
  • ンガウンデレ / カメルーン
  • ングル / ナイジェリア
  • ンゴロンゴロ国立公園 / タンザニア

なんですか、、、これ?

私たち日本人になじみのない
言葉のはじめが

発音しない休符あつかいに
なってる地名なんです

実はアフリカにはたくさんあります

また地名だけじゃなくて人の名前や

普段の言語そのものが
一拍目が休符になっているケースが
とても多いのです😳

私は若い頃西アフリカの

セネガルとマリで何ヶ月か地元の家族と過ごしたことがあります

多くのアメリカ大陸の黒人奴隷は
西アフリカから
アメリカ大陸に連れてこられました

ロックやポピュラー音楽の
基礎になった

ジャズやブルースが発祥した
アメリカ南部のアフリカ系の人々の
果たした影響が大きいのは
20世紀当初の偉大な音楽家のおおくが

黒人さん(アフリカ系)
みなさんご存知だとおもいます

そこで実際に彼らと

一緒にくらしているうちに

当然彼らの言語もある程度おぼえたのですが

彼らの言葉の中に

日常の中にも
一拍目をぬくような言語構造になっているのが
とても興味深く感じました

ウォルフ語の数え方

1 Benn  ベン
2 Naar  ンニャール
3 Nett   ンニェット
4 Nennt  ンニェント
5 Juroom  デュロム

という感じで

数え方ひとつとっても

つまり一拍目をぬいているのが
わかると思います

ポピュラー音楽には
こうした一拍目をぬいたり

もしくは
逆に
シンコペーション(一拍つんのめって)

はじまるメロデイをも多いので

日本語を母語としている私たちが

いざ、拍をとってやってみると

あれれ、なんでできないんだろとなることがあるのも

なんだか納得できるような気がしますね😊

そんな日本人でもリズム感がよくなる方法とは

それでも
日頃のちょっとしたトレーニングで

多様でグローバルなリズムに

対応できるようになる方法があります😊

  • パルスを意識
  • 振り子を感じる

リズムつまり

定期的に時間を刻むことは

実はいつもの日常の中にあります

それがパルス=鼓動
のことです

パルス=鼓動=心臓です

進撃の巨人のシーンより引用🙇‍♂️

私たちは
緊張したり、
激しい運動したりすると
鼓動=パルスは早くなってしまいますが

基本的に私たちの鼓動は

一定の速度をキープしてますよね

このゆったりした鼓動(パルス)
1小節のアタマととらえて

体のどこかの部分を

振り子運動させましょう

パルス(鼓動)→全音符
振り子    →8分音符や16分音符

昔のメトロノームは
まさに振り子そのものですよね

つまり

大きな拍と
小さな拍を同時に
感じるということです

え?そんなことどうやって練習するの?
大変そう? 時間もあんまりないし

楽器も不要→リズム感の練習する方法

はい、そうはいっても
忙しい現代社会

会社にいって帰ってきて

いやーつかれたなあ
ご飯食べてYoutubeみてたら

あっというまに
12時すぎ、、、、時間ないですよね

大丈夫です

例えば
歩いているとき

一歩一歩を

パルスだととらえて

右手を

8分音符もしくは16分音符ととらえて

振り子運動しましょう

ギターなどのピッキング も

振り子のように動かすことで
リズムが外れないようになります

これを
オルタネイトピッキング といいます
別記事で解説しましたね😌

たとえば
駅までの往復

20分✖︎5=1週間で100分
リズムトレーニングの時間が
無料で確保できます😊

Youtube動画でも解説しました↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です