【Arts for the future】団体口座を最速で開設する方法は?

こんにちはー都内で音楽ラボを営む
スワラジのウエダです
おさまらないコロナ禍の中
文化庁が今年もありがたい救済措置用意してくれました

結論からいうと文化庁の補助金は
他の補助金に比べても異例の高待遇です。

Arts for the futureがすごい3つの理由

  • 全額補助してくれる
  • 団体申請で申請者にも報酬がでる
  • 音楽家にはとくに有利

ということで他の補助金とくらべて
格段に優遇されてる感のある
今回のArts for the future

プロとして活動してきた音楽家などには
すばらしい救済措置で申請者にも報酬が経費として
認められるのです😌

そんなのあたりまえでしょ?
と思うかもしれないですよね

実はそうでもないんです
私は他の補助金
低リスク型持続化補助金にも申請しましたが

自分の仕事に対しての経費は
一切、経費として認められないです😭

そしてほとんどの補助金は
補助率がよくて4分の3もしくは3分の2

2分の1のときもあります。

そんな好条件のアート補助金Arts for the future
音楽家ならつかわない手はないですよね😌

それでも!

この補助金
個人での申請はできません団体申請のみになります🙇

えーマジでおわったー
と思わないでください

なぜなら

新しく団体をつくることで申請が可能になるんです😊
で団体を作るにあたって
必要なこと最初の関門は団体名の銀行口座をつくること!


任意団体の口座は信用金庫が最速だよ

結論からいいますと
信用金庫での口座開設これが最速です!

あーそうなんだ、
じゃあ準備しよーっと
とすぐに準備するのもいいのですが
まだ重要な続きがあります!

私は実際に

ゆうちょ、みずほ、りそな
メガバンクをまわりましたが

どこも
個人の任意団体の開設には
1ヶ月くらいの時間がかかる
ことがわかりました😭

以前はもう少し早く口座開設できたみたいですが
マネーロンダリングのリスクなどもあるみたいなので
最近難しくなって審査も厳しくなったんですね

そこで近くの信用金庫にいってみたところ
なんと即日開設できました😊


4つの書類をそろえていくべし

こちらは私が申請した
多摩信用金庫のページになりますがこのようにあります

多摩信用金庫のホームページ



あーそっか
身分証とハンコくらいでいいんだ!
と思われるかもしれないのですが

これだけだと
通帳だけで
キャッシュカードがもらえない可能性があります😭



キャッシュカードも発行してもらったほうが
窓口がしまっていても
ATMが使えるので

権利能力なき社団としても
認めてもらえるように
以下の書類を準備しましょう

  • 定款(規約)
  • 議事録
  • 役員の名簿
  • 活動実績をまとめたホームページ、チラシなど

えー?またメンドクサそう
と思うかもしれないですが
私の準備したテンプレートがありますので
よかったら
つかっていただいても大丈夫です

口座開設さえできれば壁はこえた?

この口座開設の難問だけ
突破しちゃえば

あとは
新しい任意団体の方は収支計画表をつくる!
これが次の山場になります😌

これについても
また別の記事で報告しますね😌

日本の社会は個人より団体を大事にする現実

いかがでしょう?
いろいろと書類の準備はありますが
日本の社会って
個人よりも、会社や団体を
優遇するようにできている
のは事実です。

いいとか悪いとかは別として
こうした社会で
個人としてフリーランスとして
音楽活動やアート活動を続けていくには

団体があったほうが有利になることが
多い!

というのは今回の補助金でもよーくわかりますよね😌

というわけで
これからも
大変な時代をいっしょに乗り越えていきましょう😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です