フツーのアコギで0.1秒で中東に行ける方法

こんにちはー
中央アジアやトルコ🇹🇷ギリシャ🇬🇷の民族楽器で音楽活動の
スワラジ工房のウエダです

ちょっとスパイシーな感じの音楽できたらいいなあ
でもアコギしかないしなあ

できます!今日はアコギで中東オリエント風に弾く
たったひとつの方法について深掘りしますね

ぜーんぶ一音下げチューニングにする
  • フツーのギター調弦 EDAGBE
  • 一音下げの調弦   DCGFAD

いかがでしょう?
ちょっとマニアックな選曲ですみません🙇‍♂️

アフガニスタン民謡を一音下げアコギで弾いてみました


ビヨーン感を出すために
全体的に1音低くしてます

プラス、1弦と2弦にイランの民族楽器セタールの
弦をはりました😌

いかがでしょう
テンションが高く
パキパキしている西洋音楽の音色にくらべて

ゆらぎや滑らかさ、曲線美を大切にする
オリエント中東音楽の雰囲気に近いのではないでしょうか?

西洋楽器VSオリエント楽器 なにがちがうの?

弦楽器に関してのわたしの
個人的な感想はこんなかんじ

西洋楽器の特徴

・汎用性が高い
・音量が大きい
・どこでも入手しやすい

東洋楽器の特徴

・音量がちいさいけど音質はリッチ
・Ebayなど補償つきのサイトでも買える
・値段が安い

汎用性、いろんなジャンルの音楽に対応できるのは
ヴァイオリンみたいな楽器にはかなわない😢のですが

ケメンチェやウードなどの昔の面影を残す楽器は
音量は小さくても
素材の響きそのものの豊かな音質が魅力ですね😊

音が大きいからといって
周波数がリッチとは必ずしもかぎらないのは

ピアノよりチェンバロの方が
音量はちいさくても音質はリッチという話は
有名ですよね?

中東楽器は脳にやさしい?
豊かな周波数が人の脳🧠にあたえる
ヒーリング効果

ハイパーソニックエフェクトについて
の放送大学講義を聞きました

西洋楽器に比べて日本の琵琶や
インドネシアのガムランなどは

豊かな周波数を含み、それを浴びることで
リラックス効果が高まるという研究です

実際に中東オリエント楽器の周波数を
比較検証したデータはまだみつけてないのですが

これから研究が進むことを期待します😌

ちなみにこちらが
アラビアの弦楽器ウードになります

矢島ゆかりさんのウードと私のケメンチェによる
オスマン古典Mahur Saz Semai

ウードは中東楽器オリエンタル楽器の中でも
汎用性がとても高く

日本にもすばらしい演奏家の方も多く
教えておられる方もたくさん?いらっしゃいますね

とりあえずお手持ちの楽器で
工夫してやりつつ

ホンモノのオリエント楽器に触れてみたい!と
おもったら
音楽レッスンなどで体験するのもいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です