パキスタンにアレクサンダーがもたらしたリュート系古楽器とは

世界を旅して楽器を収集、研究しつつ
東京で民族音楽ラボを営むスワラジウエダタカユキです

今日はパキスタンで出会った不思議な楽器
チトラールのシタールについて深堀りしますね

シタール?
インドのあの有名なビヨーンミヨーンした音の楽器?

インドのシタールの起源にもなったとも
考えられる
パキスタンの山岳地帯チトラール地方にのこるシタール
はこの地方に古くから受け継がれている楽器です。

バイオリンやリュートなど
ショートネック系の起源が
アフガニスタン周辺が起源なのではないかと説があり
先日ガンダーラ彫刻のレリーフととも解説しましたが

Hellenistic banquet scene from 1st century A.D., Hadda, Gandhara. Lute player with short-necked lute, far right.

チトラールのシタールやトルコのサズ、インドのシタールのような
ロングネック系のリュートは

音楽史家のカート・サックスの1941年の著書『楽器の歴史』によると
最古のリュートは紀元前2000年頃とされています

芸術におけるリュートの存在がより明確になったのは、紀元前2330年から2000年の間(第二次ウルク時代)で、芸術が楽器を明確に示すのに十分な詳細さを持っていた頃です。リュートはヒッタイト人、エラム人、アッシリア人、マリ人、バビロニア人、フリア人の間で広まりました。1500年頃までには、リュートは征服によってエジプトに到達し、紀元前320年にはエジプトと東の隣国を経由してギリシャに到達していた。

History of lute-family instruments 

Elamite long-necked lute, late 14th century to early 12th century B.C. There were no pegs to hold strings. Strings were wrapped with cords at the end of the neck. Each tassel indicates a string that is secured.

これは想像ですが
アレクサンダーの軍隊の中に

楽器が得意な人がいて
軽くて持ち運びもカンタンな

シトラールのシタールのような
楽器を中東オリエント世界から
パキスタンの山岳地帯に伝えたとも想像できます

もちろん戦争は好ましい出来事ではありませんが
文化財の交流の上には
効果的に作用することがあるのは事実かもしれないです。

ヘレニズム世界で培われた
仏教美術もシルクロードを通じて

日本にもたらされて、国づくりで
重要な基盤になったことをおもうと、 

遠く離れた異国の物語ではなく
同じユーラシア大陸の文化圏として
関連を感じることもできます😌

シトラールシタールの奏法に関しては、本来
イランのセタールのように人指し指の爪で
弾くのですが

スワラジ民族音楽ラボの録音では
手首を振り下ろす奏法で

マケドニア、ブルガリアに伝わる変拍子の曲
Sandansko OroをアルバムKarakoramに収録しました

東欧のマケドニアとパキスタンの北西部
5000kmも
遠くはなれた地域ですが

2000年以上の時を経てもなお
チトラールのシタールでマケドニアの曲を
合わせることもできるので、やはり
アレクサンダーの末裔伝説は本当だったのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です