パキスタンのイスラム瞑想音楽カッワーリーがヤバすぎる理由

こんにちはー 服飾デザインの仕事しながら
パキスタンやトルコの民族楽器の演奏をする
スワラジ工房のウエダです

瞑想音楽ときいてヨガを思い出しますが
イスラームのパキスタンにも
瞑想音楽カッワーリがあります

いかがでしょう?
燃えるような疾走する歌唱は
かつてピーターガブリエルとの共演でも
有名になったヌスラットファテ アリーさん
だいぶ前になくなられたのですが

イスラム瞑想音楽はスカートでトルコのくるくるまわるメフレヴィー教団が有名ですね
パキスタンにも熱狂的な宗教音楽があります

さてこちらは世界中で大人気の
イギリスの歌手サミユーセフさんの
カヴァー⬇️

どんな歌詞の意味なのか
しらべてみましたところ

Dama Dam Mast Qalandar(wikipedia)

13世紀のイスラムスーフィ聖人の詩をもとにした民謡ということです

サミユーセフのはモダンにコンパクトに
きれいにまとまってますが
ヌスラットのバージョンは
即興と掛け合いをとりいれながらエキサイテイングな演奏ですね😌

ほんとに瞑想できるか実際にやってみた

筆者自ら実験してみました
サミユーセフさんもとりあげてた
アフガニスタン民謡マザーリへ行こう
のイスラム瞑想バージョンHasbi Rabbi

海外の視聴者から日本語での発信も希望された
ので日本語の歌詞もつけさせていただきました🙇‍♂️

私じゃなくてちゃんとした民謡歌手とかに
歌ってもらいたいですが

実際に自分でやってみた結果
シンプルにかみさまの名前を連呼する
ループがとても心地よく

聞くだけではなく、実際に手を叩いたり
声に出すことでトランス感を味わえました

リラックス効果、ストレス解消に
音楽療法が古代からきっても切り離せない存在
だったのがうなずけます。

言霊というコンセプト
日本にも古くからありますよね

自分の声というのは自分がいちばん
よく聞いているは事実です

発した言葉には魂が宿り
現実味を帯びてくる

世界中どこの地域でもどこの民族でも
おなじような習慣があるのだなあと

人の営みの普遍性を実感できました😌


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です