ハバロフスク観光2019の見所はどこなの?

19世紀に入植したロシア帝国によって作られた比較的新しい街ハバロフスクは人口60万人=鹿児島市や千葉県船橋市と同じくらいの人口ですが、とてつもなく雄大なアムール川とシベリアに続くユーラシアの大地が魅力!

スポンサードサーチ

どこに泊まるの?

ソプカホテルと丘の上の大聖堂

短い滞在で子連れ旅ということで、大聖堂の近くのソプカホテルに宿泊、一泊二人で8000円ほど
少し高いですが、ロシア風の内装に窓からはアムール川から登る朝日がすばらしく、スタッフも英語が上手でとても親切なので、ここにしてよかった!
デメリットといえば、街からやや離れているためにキオスクとか周辺にはない。

ロシアの食事はどんな感じなの?

ホテルの朝食には山盛りのブリヌイが並びます
自宅で作るときはベーキングパウダーですが、こちらはドライイーストで発酵させてかなりうすーく伸ばして焼いてました。 スメタナとベリー系のジャムのクオリテイはさすがー

ソプカホテルの食事も結構美味しいです、普段あまり肉は食べないのですが、脂身が少なめなので意外にさっぱり、ロシアの食事、子供も大好きみたい

simカードをスマホに入れるべし

これだけは到着したら最速でやった方がいいです、パスポートを持っていけば、どこのSIMカード屋でもカンタンに登録できます! 【800円くらい】
これを入れたらタクシーでボラれる心配もなくなります。

犬とか猫とかは少ないのは残念!

日本から近くて、物価もさほど高くないハバロフスクですが、やはりワンコ好きとしてはかわいい野良犬、野良猫がほぼゼロなのがかなり残念、イスタンブールが恋しすぎ。。。。。

広場には観光用ですがトナカイがいました。
さすが、シベリア近いだけありますね、
それにしても古木みたいなすごいツノ〜

アムール川そいの遊園地のゴーカードが
カオスだった。。。

街のパンやも美味しい、でも時々おっそろしく無愛想、共産時代のソ連を感じます。。。

観覧車からの夕日が素晴らしすぎる
明日はシベリア鉄道でウラジオストクに向かいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です