デイルとヨーグルトのデイップ【初心者向き】

コーヒーフィルターでとってもカンタンにできる、ヨーグルトのデイップ
ちょっとしたサイドデイッシュに最速でできるレシピです

材料 ヨーグルト(コーヒーフィルターで濾したもの)、デイル(パセリでもOK!) きざんだ胡瓜、クルミ、塩、オリーブオイル、トッピング用パプリカ

ヨーグルトもキュウリも体を冷やす作用が強いので、体を温めるクルミでバランスととる長〜い歴史の中で培われた伝統の知恵が中東料理には生きてます
日本ではヨーグルトというと甘くして食べることが多いですが、ヨーグルトの起源とも言われるトルコなどでは肉料理のソースなどに使われることが多いです。

またシャバシャバのヨーグルトは塩を入れたアイランというドリンクでイランでもドウーグと呼ばれて肉料理には欠かせない飲み物です。
ミントと合わせても爽やかさ倍増、ハーブは消化も助けるので相乗効果が期待できます

豆と羊肉の煮込みゲイメに添えて
イラン人の友人宅にてヨーグルトサラダ

イラン人の友人宅でいただいたヨーグルトサラダ、こちらは水漉しなしのレシピ、ガーリックも少し入れてました

シリアなど東地中海のアラビア圏ではムタッバルという名前のヨーグルトデイップ、トルコやブルガリアだとアイスクリームサーバーでまーるく盛り付けられています。 ギリシャだとサジキという名前、私はガーリック多目が苦手ですが皆さん体調に好みに合わせてチャレンジしてご自分の好みの味を作っていっていただければと思います

上の写真右の白いデイップがヨーグルトのもの、最速で作れてかわいく盛り付けでポットラックパーテイなどで喜ばれますよ。
食器を使わないで、カット野菜やちぎったパンを周りに並べとくだけでいいのもミニマルでいいです。  中東はミニマル料理の宝庫なのです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です