スパイスでフレッシュ野菜の美味しさを引き出す方法とは?



スポンサードサーチ

ポテトとカリフラワーのカレーサイドデイッシュ
【アルゴビ】メチャカンタンに作れます!

アルゴビとの出会いそれは
スワラジ工房を始めた頃、インドの山奥ヒマラヤの麓に流れるガンジス川の上流にあるリシケシ聖仙の谷でヨガを学んでいた時に出会った一皿

材料
じゃがいも 、カリフラワー、玉ねぎ中半分、ガーリックひとかけ、ジンジャー(入れても美味しい)、スパイス(ターメリック、クミン)などなどお好みで
塩少し
 、ベジタブルオイル

リシケシはビートルズも訪れたヨガの聖地

ガンジス川中流の聖地ベナレスで沐浴したあと激しい腹痛と嘔吐に襲われた経験もありますが、ここリシケシは上流にあるので、沐浴しても大丈夫でした!

インドの食事ってスパイシーで辛いんでしょ!?

デリーとか、ムンバイとかカルカッタなどのインドの都会の食事はとってもスパイシーです!
しかしながら、本当にここはインドなのか!?と感じるくらい清らかな空気で満ちたリシケシにはフレッシュな野菜をやさしいマイルドなスパイスを合わせる料理があった!

料理もちくちく手仕事や靴紐の作り方もここリシケシで修行してるサドゥ(修行僧)に習いました

清らかで静かな空気に満たされたガンジス川のほとりリシケシ
みなさんもぜひぜひ一度訪れてみてください。
デリーからバスで簡単に行けます!

スパイスの使い方について
テンパリングの重要性

動画でも紹介しましたが、
温めたオイルで香りを出すのがテンパリング
とっても刺激的な使い方もできますが、スワラジにとってスパイスは野菜の味を引き出すことに重点を置いてます。

フレッシュな野菜の時は特にスパイス控えめがオススメです!
せっかく新鮮な野菜なのに、主役がどっちかわからなくなるのは
モッタイナイので〜
日本人の体にあった、やさしい使い方を心がけていますが体調や体格など個人差があるのでご自分にあった量でチャレンジしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です