スティーブ・ジョブスの遺言から考える幸せな生き方とは?

世界のトップに君臨した人が残した最後の言葉

“I reached the pinnacle of success in the business world. In others’ eyes, my life is an epitome of success.

However, aside from work, I have little joy. In the end, wealth is only a fact of life that I am accustomed to.At this moment,
lying on the sick bed and recalling my whole life, I realize that all the recognition and wealth that I took so much pride in, have paled and become meaningless in the face of impending death.

In the darkness, I look at the green lights from the life supporting machines and hear the humming mechanical sounds, I can feel the breath of god of death drawing closer …

Now I know, when we have accumulated sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue other matters that are unrelated to wealth …Should be something that is more important:

Perhaps relationships, perhaps art, perhaps a dream from younger days. Non-stop pursuing of wealth will only turn a person into a twisted being, just like me.

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
   〜中略〜
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

【事実】→終わりの知らない富の追求は人を歪ませてします

先日、実際に資産数十億の人とゆったりお話しするチャンスがあったので
ジョブス氏のこの言葉が心に響きました
普段の生活からは考えられないようなケタ違いの資産を持っていてもやはり人として幸せな人生を生きることはイコールではないのです。

服作りの仕事プラス民族音楽は
必ずしも経済的に合理的ではないけれど、
経済的な合理性のみ追求する人生の虚しさも考慮して生きる

ただサイのツノのようにただ一人進め

実に欲望は色とりどりで甘美(かんび)であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱(かくらん)する。欲望の対象(たいしょう)にはこの患(うれ)いのあることを見て、
サイの角のようにただ独り歩め。

寒さと暑さと、飢(う)えと渇(かつ)えと、風と太陽の熱と、虻(あぶ)と蛇と、―これらすべてのものにうち勝って、
サイの角のようにただ独り歩め。
          ブッダのことば スッタニパータより引用

別に仏教を布教したいとかぜーんぜん思ってないんです!
でもどうやって今の複雑な社会の中で人生100年の時代を生きていくのか、
つねに自分の脳みそで考えていく必要があるはずなので、このテキストを引用しました。 みなさんどう感じられますか?

仏教というより、2500年前のブッダの生き方に対するアドバイスを記した哲学書という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です