シャクシューカ【ミニマル中東料理】

時間がない時にささっとできて、野菜もたっぷり、スパイスをハーブの調和するカンタン中東、地中海シャクシューカをご紹介します!

材料 じゃがいも、玉ねぎ、トマトピューレ、タマゴ、ブロッコリーなど余った野菜なんでもOK オリーブオイル、塩すこーし、パプリカ、ターメリック、ガーリック(好みで) オリーブ(あれば)

スパイスをテンパリングで香りをオリーブオイルに移して香りを出して玉ねぎをささっと炒る →トマトピューレ→野菜を敷き詰める→タマゴを真ん中に落として→蓋して蒸らす

イスラム幾何学模様みたいに平面に野菜をきれいに並べるのは楽しいです
キャンプや野外で料理する感覚で小さいナイフとできればまな板など使わないでなるべくミニマルにするのが中東スタイル
上の写真は、ピーマンとかも入れたもの、

シャクシューカはもともと北アフリカのモロッコ、アルジェリアなどの先住民ベルベル族の民族料理、現地のはそんなに野菜入れないでトマトソースのオムレツみたいな感じ、私は残り野菜を入れるアレンジしました

バトボット(モロッコ田舎パン)も同時に作ることをオススメします

食べるときも食器とかじゃなくてちぎったバトボットなどですくって食べましょう
洗い物が少なく済むのもミニマルの大切な要素

こちらはブロッコリーや季節のハーブを散らしたもの、わざわざこの料理のために買い物にいかなくても、その時余ってる野菜とかでいいんですー
カンタンにミニマルに作るのがこの料理のコンセプト!

トルコにもメネメンという、もう少しスクランブルエッグ状になったタマゴとトマトソースの料理があります。  トマトはリコピンを多く含む野菜で非常に栄養価も高いのですが、許容量を超えるとお腹に負担がくるので、現地のレシピではトマト多めですが、我々日本人用にトマトを減らして他の野菜を足してバランスをとったレシピにしてみました。

どんなにスパイシーな料理でも、大丈夫!という屈強な人は私のレシピは参考にならないかもしれないですが、高齢者や子供を持つご家庭でも楽しめるようなレシピを心がけています。  

子供とトルコを訪れた時の思い出、イスタンブルアジア側カドキョイの海辺には子猫がたくさん!

野良犬もおとなしくてかわいかったー!
大都会なのにノラの犬猫がたくさん、イスラム圏は犬はあまり優遇されない国も多いのですがトルコはワンコも大切にされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です