サルエルパンツのルーツ【リスパンツ】とは? 世界の仕事着Vol5

リスパンツ はリス族のパンツ
餅つきをするリス族
作業の時は短めに履いてます

ミャンマーやタイの山岳民族リス族の伝統パンツをもとに
今の暮らしに溶けこむようにアレンジしました。

10年以上人気の理由は?
  • シンプルなデザイン
  • 動きやすい機能性
  • 重ね染めでさらに丈夫に

ファッション【流行】はいつも移り変わりが早いですよね、
伝統の衣服はファッションとは少し離れて静かなところにいます。
何千年もの間、ミニマルで質素な暮らしの中で生まれたデザインは
機能的であるとともに、布の風合いを活かすシンプルなコンセプトが
生きているのです。

布を余すことなく使うミニマルなデザインは
日本の着物にも通じる、モノを大切にするコンセプト

リュウキュウ藍染で染めてます
リュウキュウ藍とは沖縄に限らず亜熱帯性の藍
東南アジアの高原地帯に分布してます

草木染めと合わせるとウィンウィン(win-win)

何度も染めることで布が丈夫になる草木染めと合わせると
ウィンウィン相乗効果になるのです。
何年か使って色が落ちてきたら、また染めることで新品みたいに
生まれ変わります。

もともとミシンがない、山岳民族のかたちなので
ちくちく手縫いでも作れます。
作ってみたい方はスワラジ工房のちくちくワークショップ
へご参加いただけます。

次回は1月8日2020年
他にも会津の伝統パンツサルッパカマなどもできますので
詳細欄にリンク貼りますね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です