ギターで中東音楽する方法【めちゃカンタンです】

こんにちはー服飾ブランドと民族楽器での音楽活動を
続けるスワラジ工房のウエダです

今日はみんなが持ってるような楽器
ギターで中東音楽を気軽にカンタンに
チャレンジする方法をわかりやすく解説
しますね

この曲からはじめるといいかも

いかにもオリエント中東な雰囲気の音階
シンプルな4拍子なので
わかりやすいですよね😌

結構有名?なメロデイなので
知ってる方も多いかも

それでは実際にシンプルなアコギで
この曲のメロデイにそって
弾いてみましょう⬇️


  • 親指  →ベース役
  • 人差し指→メロデイ

ギターみたいな弦楽器は
ベースしながらメロデイもとれるので
一人二役カンタンにできます

中東音階をやってみよう

1番細いギターの弦(E弦)
で音階をみてみましょう

まずは音階を下から順番に弾くとこんなかんじ

音階の中であがったりさがったり
テキトーに爪弾くだけ
0.1秒で中東旅行できますよー

いかがでしょう? めちゃカンタンですよね
五線譜とかわざわざ用意しなくても
大丈夫だと思います

すこーし発展させて9拍子やってみよう

ピラミッドスのバージョンで
めちゃ有名なこの曲

実はそんなに難しくないです

親指のリズムパターンは

パンパンパン🍞ごはん🍚
でカウントできます

まずは親指でリズムをならして
人差し指や中指でメロデイつけていく感じ⬇️

いかがでしょう?
中東音楽は
微分音(マイクロトーン)
ギターのフレットやピアノの鍵盤では
できない、繊細で微細な音も
とても大切にしますが

今回はめちゃシンプルにギターやマンドリン
ウクレレでもできる

中東音楽の入り口をご紹介しましたー

リズムと音階を決める
→テキトーに爪弾く

それだけで
瞑想のように音世界を自由に旅できるように
なります♪

プラス
音階を実際にうたってみるのも
とても大切です

え?唄? 人前で歌ったりしないし、、
気にしないでください!!

声に出すことは音階を身につける
理解する上で実はめちゃ重要なんです😳

別にシンガーにならなくても
ほとんどの楽器奏者も

音階の理解、
耳を鍛えるのに
唄はかかせない重要なアイテムなんです

イスラムのアザーンも音階でできてる

アザーンはモスクから礼拝を呼びかける
あの唄みたいな呼びかけの声

これを聞くと、ムスリムの国を旅された経験
がある方は懐かしいかもしれないですね

このアザーンも宗派によっては
音階などの音楽セオリーをもとに
教えてます


私もたまーにいきます
代々木上原のモスク
東京ジャーミイでは以前

マカームワークショップ
つまりコーランやアザーンを

マカームという中東音楽の法則で
学ぶワークショップが開催されていました

これは学派によっても意見が分かれる
のですが、私が伺った話では
音楽で親しんだマカームを転用する
することもアザーンを学ぶ上では効果的と
イマーム(導師)さまは
おっしゃっておられました

楽器がなくても音階の練習する方法

また後日、わかりやすく解説しますね😌

実際に楽器のフォームなどオフラインで体験したい方は
スワラジミュージックレッスンも開設してます

2020年11月は初回無料キャンペーン中なので
お気軽にどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です