イスラム教のコーラン朗唱が美しい理由→マカームってなに?

こんにちはー

民族楽器ワークショップを
吉祥寺で営むスワラジ工房のウエダタカユキです

イスラム圏を旅した方には
馴染みがあるかもしれないですが

モスクから聞こえる
礼拝の呼びかけの声や
コーランの朗唱は

私たち日本人には
とても音楽的に聞こえますよね

コーランやアザーンの朗唱が美しい秘密とは?

鬼滅の刃のサントラで音楽とミックスされて
使われたものに抗議の声が殺到して
すぐに使用中止になったのをご存知でしょうか?

そうなんです!

コーランや礼拝の呼びかけのアザーンは
音楽とは明確に区別されて
楽器などと一緒に朗唱されるのは
タブーなのです😭

うーんそれでも、ずいぶん
音楽的に聞こえるんだけど ー
という声もあるとおもいます。


アザーンやコーランの朗唱が美しく
音楽的に聞こえてしまう理由のひとつに

アラビア語の響きそのものの神秘性も
さることながら


中東地域で古くから
使われている音楽セオリー
マカームが使用されているケースが多いのは事実です

マカームってなんだ?

百聞は一見にしかず
こちらを聞いていただきましょう
いくつかのマカームに基づいて
アザーン(礼拝の呼びかけ)を実践したものになります

実際に東京ジャーミイ(東京にあるトルコモスク)

でもこのような
ワークショップがありました

私が実際に
東京ジャーミイで
イマーム(導師)さんに聞いたところによると

曜日や時間帯で
マカームを使い分けると説明いただきました

マカームを生で聴きたければ
モスクへ礼拝時間にいけば
聴ける可能性高いとおもいます😌

東京ジャーミの
ワークショップによる
マカームの説明によると↓

「マカーム」とは、ここでは「旋律」 – 音をかなでる際のいわば法則 – を指します。1日に5回の礼拝を知らせるアザーンにも、それぞれにふさわしいマカームが用いられています。

東京ジャーミーより

微分音など、西洋音楽では表せない微細な音の
捉え方などが地域によってもことなるので

つまり
マカームとは

音の雰囲気をあやつるパターン
いろんな雰囲気を使い分け可能なシステム


ともとらえられますね😌

こちらはイスタンブールの古典楽器ケメンチェで
いろんなマカームを実践されてます

はじめは
チャキチャキした西洋音楽風に弾いてますが
中盤から微細で滑らかな音のつながりを重視する
トルコのマカームに移行するので
違いがわかりやすいとおもいます😌


こちらの記事にもあるように
例えばこの動画で弾いてる

トルコのマカームラストには

幸せと静けさをもたらす

とありますね


マカームの人の精神にあたえる効果は
古くから研究されていて

音楽療法で用いられた歴史も古く
現在でもマカームとミュージックセラピーの研究を
している機関
Tumataもあります
以前イスタンブールに行ったときに
訪れたことがありましたので参考までに
リンクはりますね。

そんなわけで

アザーンや、コーランの朗唱などにも
応用されている

マカームの世界

まだまだ日本では知る人ぞしる
ニッチすぎる?領域ですが

ストレスの多い現代の日本でも
こうした音楽がもっと浸透する
きっかけにもなるかもしれないですね☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です