アフガニスタンのマハトマガンジー中村哲さんの言葉は?

チャコ

アフガニスタンで人々のために働き、地元に溶けこんで質素な生活を送り、地元の服を着て活動されていた中村さんはマハトマガンジーのようだと評されてたんだよね。
うん、現地でもとても尊敬されていて2019年10月にはアフガニスタンの名誉国民を授与された中村医師ですが、同年12月に武装勢力の凶弾に倒れるという結果になるなんて。

スワラジ

世界中から寄せられた追悼の声
ドクター中村は水路を開き人々に命を与えた、英雄よ安らかに眠ってください。
今その水路は水ではなく、涙だけが流れている
Twitterより引用

チャコ

Twitterとかでも世界中から追悼のメッセージが届いて、評されてたんだよね。
中村医師の遺された言葉

アフガニスタンで事業をおこなうことによって、
少なくとも私は世界中を席巻している迷信から自由でいられるのです。
一つには、お金さえあれば、幸せになれる、経済さえ豊かであれば幸せになれる、というものです」
「もう一つは、武力があれば、軍事力があれば自分の身を守れるという迷信です。武力が安全をもたらすものかどうか、
丸腰でおこなう用水路建設での私たちの経験が教えてくれます。
このような実体験によって、私たちは幸いにも、
この強力な迷信から自由です

アフガニスタンの世界自然遺産 アリーの剣の湖
wikipediaより引用

信頼は一朝一夕にして築かれるものではない
利害をこえ、忍耐をかさね、裏切られても裏切り返さない
誠実さことが、人々のこころに触れるのである。
それは武力以上に強固な安全を提供してくれて、
人々を動かすことができる。
私たちにとって、平和とは理念ではなくて現実の力なのである。

ガンジーの遺した言葉

The Week can never forgive .
Forgiveness is the attribute of the Strong.
弱気ものは許すことができない、
許しは真の強さの証である。

遺された言葉をうけて、私たちはどう生きるか?

wikipediaより引用

日本の学校で勤務されていた、神父さんがマザーテレサにあった時
こう言いました
私も学校を辞めてカルカッタでマザーと共に働きたい
するとこのように答えました
あなたのカルカッタは日本の学校です
日本には家がない人、食べ物がない人は少ないかもしれません、
でも、家はあっても家族の中に居場所がなく、食べ物があっても
愛に飢えている人はいるでしょう

チャコ

身の回りの人に奉仕することでこそ、世界の平和に貢献できるささやかな一歩になるってことをマザーテレサは言いたかったんだよね。
うん、スワラジも先日ペシャワールに行ってたけど、アフガニスタンはすぐ隣だったから行きたい気持ちはあるけど、今の環境を大切にするところからも平和への一歩への行動を具体的に踏み出せるから、このまま活動を続けるね、

スワラジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です