【民族服】バルカンワンピース

こんにちはスワラジ工房です
天然素材の布を探す旅してものづくり2004年から続けています。
今日はバルカンワンピースご紹介しますね、

衣服のことだけではなく、ものづくり全般における
オリジナル作品を作る方法を公開しますね😊

バルカンってどこなの?

バルカン半島はヨーロッパの東の方にあります
ギリシャやブルガリア、かつてのユーゴスラビアがあったところ
昔から多くの民族が混じり合う民族のモザイクと呼ばれたところ

 Wikipediaより引用

作家の山本あまよかしむさん所有の
100年前のブルガリアの嫁入り民族衣装
直線的なデザインとマチがオリエンタルな雰囲気
中東の民族服を思わせますね。

ものづくりの手順

音楽も衣服も木工もYoutube動画も
あらゆるものはパーツが集まってできています。
分解したパーツを自分なりに味つけして
再構成すればオリジナル作品が生まれてきます

  • パーツごとに分解してみる
  • 分解したパーツを微調整
  • 自分なりに味付け
サンプル1 はじめはかなり大きなフレアスリーブで作りました、日常で着るには難しいかも
サンプル2 あまりにスリーブが大きかったので少し調整、これなら日常でもOK
サンプル2 布の端っこのモケモケも見返しに使いました
初めの失敗はあたりまえ

ロシアのパンケーキ、ブリヌイにも
こんな言い伝えがあります

Первый блин комом【最初のブリヌイはダマになる】

初めの1枚目はうまくいかなくても2回、3回と繰り返すうちに
フライパンに油が馴染んで
スムーズにパンケーキがサラサラと焼けてくるものです。

同じように服作りも
手を動かしてチャレンジしていくうちに
はじめはマネでも自然とオリジナリテイを持った作品になります。

偉大な作家サルバドール・ダリも
このような言葉を残しています

何も真似したくないと思う者は、何も生み出さない


みなさんも失敗を恐れずに
どんどん好きなこと、得意なことをチャレンジしてくださいね。
SNS,ブログ、Youtubeで
学んでいるプロセスをアウトプットすることで
つながりが広がり、自分自身の実績もストックできます
すぐに成果につながらなくても、
ネット上に保存しておくといつでも取り出せて便利ですよ😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です