【変拍子】民族音楽マケドニア11拍子リズムをわかりやすく解説してみた

アラビアから中東近辺の7→9→10拍子の曲を紹介してきたので
今日は東ヨーロッパバルカン半島の国マケドニアの11拍子を深掘り

同じヨーロッパでもぜーんぜん音楽コンセプト
が違う東欧バルカン音楽のしくみ

実はとーってもシンプルでわかりやすい!
のでどんな楽器でもどんなジャンルでも応用
できます😌

11拍子がやみつきになる伝統曲マリノオロ

でっかいワンコはさておき
11拍子ときくと、えー?なんか難しそう?
そんな風には聞こえないですよね。
シンプルに繰り返すメロデイは
とっても親しみやすく一度聞いたら
忘れられないようなメロデイ♪

  • 3 +4 +4 
  • タキタ タカタカ タカタカ

シンプルのこのリズムループに
自然にメロデイがのっかってるだけなんですね

おんなじヨーロッパでもマケドニアやブルガリア、ギリシャはバルカン半島
すぐとなりはトルコ🇹🇷なので

google map より引用

オリエンタルな雰囲気
リズムとメロデイがメインの音楽の影響が
残っているんですね

地図では北マケドニアとう国名になってます
実はギリシャと国境をめぐり
対立がありまして😭

私がギリシャクレタ島を訪れた時に
スブラキ🥙(ギリシャのケバブ)
おごってくれたおじさんに
マケドニアの話したら
No no no !
あれは国ではない!😳
ギリシャの一部だーと力説いただきました

近隣諸国ってどこでも大変ですね。

クレタ島の民謡酒場にて
夜おそくなっちゃったので

スブラキのおじさんに宿までおくって
いただきました
島のおじさん、男気あってやさしいです😌

マンドリンで11拍子弾いてみた
View this post on Instagram

#balkanmusic #mandolin#変拍子#11拍子#マンドリン

A post shared by Ali ueda (@ali_ueda_japani) on

マンドリンはこうした
音楽するのに最適な楽器

ちいさいし中古なら安価だし
マンドリンじゃなくても
ウクレレの4弦を張り替えれば
オリエンタルな音楽もできます

無料体験レッスンキャンペーン中

スワラジミュージックレッスン
吉祥寺のスワラジ工房で開催してます
どんな楽器でもOK

現在無料体験キャンペーン中なので
興味ある方連絡ください

インスタメッセージからでも大丈夫です😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です