【変拍子】ブルガリア民俗舞踏の15拍子Bucimis(ブチミシュ)を解説

民族楽器での音楽活動の
スワラジ工房のウエダです

11拍子の東欧伝統ダンス曲の次は
ブリガリアの15拍子をご紹介しますね

まずはクラシックマンドリン奏者
Avi avitalアヴィアヴィタルの演奏

15拍子カンタンな理由

難しそう?ですが意外に
シンプルな15拍子こんな感じ⬇️

  • 1234 1234 123 1234
  • タキタキ タキタキ タキタ タキタキ

基本このループを繰り返す感じ
いかがでしょう?
意外にシンプルじゃないですか?

それにしても、ロックな演奏。。。。
ほんとにクラシックマンドリン奏者なのかな?

こちらは民俗舞踏のブチミシュ
ブチミシュっていろんなメロデイあるんですね
リズムは15拍子で
メロデイのヴァリエーションいろいろですね。

牧歌的な東欧の村まつりといった
感じでしょうか😌

こちらはいろんな楽器のアンサンブル
ウードなどの中東楽器もみえますね

ウードとかフレームドラムは
汎用性が高く、
東洋にも西洋にもいったりきたり自由自在
すばらしく便利な楽器ですよね

音声メデイアでも発信してます

Stand.fmアプリでも
スワラジ工房の音楽放送
アウトプットしてます
Youtubeとちがって、スマホ画面きっても
流しっぱなしできるので
なにか作業しながらよかったら
お聞きいだだければ幸いです😌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です